日印産連

【3月24日開催】日印産連 個人情報保護研究セミナーのご案内

本年5月30日に、いよいよ『改正個人情報保護法』が全面施行を迎えます。さらには、本改正を踏まえたPマーク付与規格(JIS Q 15001)の改正も本年に予定されています。
IT機器やネットワークの発達が、事業規模に関わらず、大規模な情報処理やグローバルな取引への扉を開いてくれるなか、今回の改正は私たち印刷事業者にとって大きな意味を持ちます。
これまで、日本印刷産業連合会では、その最新情報を共有するため、個人情報保護委員会の動向を伺いながらセミナーを開催してきましたが、このたびのセミナーは最終幕と言えるものになるかも知れません。改正個人情報保護法の全面施行のための多岐にわたる情報を、新保教授に紐解いていただきます。
また、私たちの印刷事業者にとっても目の前の脅威となっているサイバー攻撃が、時には無差別に、時には狙いを定めて、ますます巧妙かつ悪質化しつつあります。
もはや、IT担当者に任せっきりにしていた域を超えて、経営問題として捉えなければならないとして、「3原則」「重要10項目」を定めた『サイバーセキュリティ経営ガイドライン』が、昨年12月に改正されました。
専門性も高く、かつ費用対効果が見え難いサイバーセキュリティ対策に、私たちがどこまで取り組まなければならないのかといった課題について、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)から講師をお招きし解説いただきます。

ぜひ、多くの方のご参加を賜りたく、ご案内申し上げます。

日印産連 Pマーク取得事業者の集い開催のお知らせ

日印産連プライバシーマーク審査センターは、プライバシーマークに関する情報を提供する「Pマーク取得事業者の集い」を開催します。この集いは、Pマークを取得している事業者、個人情報保護マネジメントシステム(PMS)を構築中、及び取得を検討している事業者に各種情報を提供いたします。
現在熊本、福岡、徳島、高松、松山については既に開催日時が決まっており、今後他の都市での開催を計画いたします。皆様のご参加をお待ちしています。
詳細は、続きをご覧ください。

2016.11.08|日印産連Comments [0]

日印産連主催セミナー
「個人情報保護の最新情報の理解とサイバー攻撃脅威への備え」のご案内

コンピュータやネットワークの技術革新が、私たち印刷産業に、全く新しい局面をもたらすようになってきました。
会社の規模に関わらず、膨大なデータの収集から解析までが、1台の小さなコンピュータで可能となりました。
いわゆる"ビッグデータ"ビジネスが、もはや"ビッグネーム"を冠した企業に限定されるものではなくなりつつあります。
私たち印刷産業は、情報の中身を熟知し、その処理の経験を積んだ立場にいますが、ビッグデータの活用を可能にするためには、さらに個人情報保護とのバランスを配慮することが肝要となります。
昨年、個人情報保護法が改正されましたが、詳細については検討が続けられています。
その経緯に深く携わる新保教授に、ご講演をいただきます。
また一方で、技術革新はサイバー攻撃という脅威をもたらしました。
その攻撃の手法は、悪質化、巧妙化の一途を辿っています。
直接の攻撃を受けるほか、ウイルスを仕込まれた結果、踏み台にされ、他者への攻撃の基点として"加害者"にされてしまう可能性もあるのです。
完全に防ぐ手立ては無いとも言われるサイバー攻撃に対して、少なくともどのような対策が求められるのでしょうか。
本セミナーでは、日本におけるネットワークセキュリティの底上げに、永年貢献されてきた株式会社ディアイティ様から講師をお招きします。

ぜひ、多くの方のご参加を賜りたく、ご案内申し上げます。

【開催日時】
平成28年3月22日(火)13:30 ~ 16:10(13:00開場)

【会場】
日本印刷会館2階大会議室(定員100名)

【対象】
日印産連の会員団体・企業の皆さま

【参加費】
●参加費:会員3,000円、非会員5,000円(消費税込み)

【詳細・お申し込み】
参加申込書」(PDF/431KB)をダウンロードの上、FAXでお申込み下さい。
〒104-0041 中央区新富1-16-8 日本印刷会館7階
(一社)日本印刷産業連合会 プライバシーマーク審査センター
FAX 03-3553-6091 TEL 03-3553-6065

※申込締切:平成28年3月15日(火)

2016.02.26|日印産連Comments [0]