【経営革新委員会】助成金補助金事業事例紹介

ジャグラ経営革新委員会(青木滋委員長)では、経営支援策として、助成金補助金に関する事業を検討しています。
官庁や外郭団体、民間を含めた助成金補助金の種類は、約1,000件あると言われています。大量に存在する助成金補助金事業の中でも、我々グラフィックサービス業がチャレンジしやすいものがあるのではという思いから、会員企業に対し実際に獲得、もしくはチャレンジした助成金補助金事業について情報を寄せていただきました。
今回は回答をいただいた平成26~28年にかけて、実際に獲得した助成金補助金事業の事例を紹介します。

助成金補助金事例一覧

日本商工会議所

補助金名 小規模事業者持続化補助金
金額 補助金上限50万円(内容により100万円の増資あり)
概要 自費出版相談会の開催、自分史マニュアル・CD-ROM作成、チラシ印刷
その他 平成28年実施
申請に際し商工会議所のビジネスお助け隊(各種専門家が無償でアドバイス)の支援を受けた。

全国中小企業団体中央会

事業の名称 Web to Printシステムを活用したオリジナルカレンダー販売の全国展開
補助金の名称 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス行改革事業
金額 事業全体15,000,000円(補助金額10,000,000円)
概要 オンライン上の組版(Web to Printシステム)と刷版遠隔出力装置及び特殊印刷機を組み合わせた生産システムを構築し、お客様がホームページ上でデザインしたオリジナルカレンダーの製造販売を展開する。
その他 平成26年9月~27年5月実施

東京都労働局

補助金の名称 東京都中小企業ワークライフバランス推進助成金
金額 事業全体300,000円(補助金額164,000円)
概要 ファミリーデイを開催し、従業員とその家族との懇親を行う。
その他 平成27年10月~28年3月実施
社員の結束、職場に対する家族の理解などの効果が期待できる。

厚生労働省

補助金の名称 女性活躍加速化助成金
金額 加速化Aコース 取り組み内容を達成 300,000円
加速化Bコース 数値目標を達成 300,000円
概要 女性専用の休憩室を設置し、妊娠中や子育て中も働きやすい環境を整える。また、子供が病気の際、在宅勤務を許可する。
その他 平成28年3月~実施

厚生労働省/東京都労働局

補助金の名称 キャリアアップ助成金 正社員化コース
金額 国 60万(一人あたり)
東京都 50万(一人あたり)
概要 配属後、3か月経過した契約社員が対象。就業規則に正社員登用を明記し、社員に周知徹底する。対象者に対して正規雇用への転換を実施。
その他 平成28年3月~実施

厚生労働省/東京都労働局

補助金の名称 中小企業両立支援助成金 育児復帰支援プランコース
金額 1事業者主あたり2人まで
プランを策定し育児休業取得した場合30万円
育児休業者が職場復帰した場合30万円
概要 育休プランナーと相談しながら育休復帰支援プランを作成。取得予定者と面談を実施。
その他 平成28年5月~実施

厚生労働省/東京都労働局

補助金の名称 中小企業両立支援助成金 代替要員確保コース
金額 育児休業取得者一人当たり50万円(10人まで)
概要 育児休業取得者の代替要員を確保し、育児休業を3ヵ月以上利用した労働者を現職に復帰させ、復帰後6ヵ月以上雇用した中小企業事業主に助成するもの。
その他 平成28年6月~実施

厚生労働省/東京都労働局

補助金の名称 中小企業両立支援助成金 出生時両立支援助成金
金額 中小企業事業主60万
中小企業以外30万円
概要 男性従業者が育児休業を取得しやすい職場風土つくりに取り組み、男性労働者が育児休業を取得した場合、雇用主に対して助成金を支払う。
その他 平成28年7月~実施

助成金補助金情報募集中!

ジャグラ会員の方でこの他の助成金補助金を申請したという情報がありましたら、ジャグラ本部までお寄せください。
会員専用お問い合わせフォームへ 会員お問い合わせフォームへ

※自治体により助成金補助金の名称や内容が異なる場合がありますので、関連部署にお問い合わせください。