個人情報保護

名簿の印刷やダイレクトメール類の制作〜発送までをトータルに請け負う機会の多い印刷会社にとって、個人情報保護の体制を整えることは、大きな経営課題となっています。
ジャグラでは、平成17年4月に全面施行された個人情報保護法の普及啓蒙のほか、プライバシーマークの普及活動を行っています。
このページでは、個人情報保護に関する情報を掲載しています。

【3月24日開催】日印産連 個人情報保護研究セミナーのご案内

本年5月30日に、いよいよ『改正個人情報保護法』が全面施行を迎えます。さらには、本改正を踏まえたPマーク付与規格(JIS Q 15001)の改正も本年に予定されています。
IT機器やネットワークの発達が、事業規模に関わらず、大規模な情報処理やグローバルな取引への扉を開いてくれるなか、今回の改正は私たち印刷事業者にとって大きな意味を持ちます。
これまで、日本印刷産業連合会では、その最新情報を共有するため、個人情報保護委員会の動向を伺いながらセミナーを開催してきましたが、このたびのセミナーは最終幕と言えるものになるかも知れません。改正個人情報保護法の全面施行のための多岐にわたる情報を、新保教授に紐解いていただきます。
また、私たちの印刷事業者にとっても目の前の脅威となっているサイバー攻撃が、時には無差別に、時には狙いを定めて、ますます巧妙かつ悪質化しつつあります。
もはや、IT担当者に任せっきりにしていた域を超えて、経営問題として捉えなければならないとして、「3原則」「重要10項目」を定めた『サイバーセキュリティ経営ガイドライン』が、昨年12月に改正されました。
専門性も高く、かつ費用対効果が見え難いサイバーセキュリティ対策に、私たちがどこまで取り組まなければならないのかといった課題について、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)から講師をお招きし解説いただきます。

ぜひ、多くの方のご参加を賜りたく、ご案内申し上げます。

JIPDEC「中小企業向け改正個人情報保護法実務対応セミナー」のご案内

このたびの個人情報保護法改正により、個人情報の取扱い件数5,000件以下の事業者も法の規制対象となりました。
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)では、中小企業支援事業の一環として、改正法実務対応セミナーを開催しています。
2017年5月30日に改正個人情報保護法が全面施行されるにあたり、本セミナーでは、これまで規制対象外であった事業者、特に中小規模事業者を対象に、事業者に直接影響のある事項、法遵守に向けどのように法を理解し、準備、対処すべきかを弁護士の方に解説いただくとともに、企業が保有する情報の漏えいや不正利用などの事故を未然に防ぐための情報管理の重要性について解説します。
改正法の内容を理解していただくための初歩的な解説が中心となりますので、これから法対応に向けての社内体制の整備や、情報管理体制の構築に着手・検討されている中小規模事業者の皆様の参加をお待ちしています。

【開催日】 2017年1月27日(火) 13:30~16:15
【場 所】 秋葉原コンベンションホール (東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2階)
http://www.akibahall.jp/data/access.html

個人情報保護マネジメントシステムに係る代行を謳う事業者の利用について(注意喚起=JIPDEC)

 平成27年1月30日付けでプライバシーマーク制度を運営する一般財団法人日本情報経済社会推進協会(略称:JIPDEC)プライバシーマーク推進センターより、表記の注意喚起がありました。
 これは、JIS Q 15001に基づいて個人情報保護マネジメントシステムを運営するには、事業者自らの責任で行う旨を、改めて認識していただこうというものです。プライバシーマーク認証取得をする上では、是非下記URLを参照して下さい。

JIPDECのURL
http://privacymark.jp/news/2015/0130/index.html